ひとみの紹介

妻であり母でありそして会社員。
”キレイ”とか”アンチエイジング”というキーワードに、
とっても敏感に反応してしまう45歳。

趣味は、ベランダガーデニング。
白、赤、ピンク、黄色、オレンジ、紫系と
様々な色のミニバラを育てています。

仕事は、コンピュータシステム開発企業で
企画・マーケティングを担当しています。

最初の約6年間は、システムエンジニアのサポート業務をはじめ
企業・官公庁・病院向けパソコン教育、
大学にて資格試験取得講座の講師などなど
現場での作業に従事していました。

しかし、家庭と仕事の両立に悩み
思い切って在宅勤務に切り替え、
家で仕事と家事をこなしつつ、
必要に応じて出社というスタイルで仕事をしています。

では、そんな私の
白髪との格闘記をご紹介します。

いつの頃だったのか、、、
おしゃれ染めが白髪染めに変わったのは、、、
多分、7、8年前、30代後半の頃だったと思います。

”おしゃれ染め”時代の私は
3週間に1回程度美容室でカラーリングをしていました。

しかし、だんだんと白髪が増え
抵抗空しく”白髪染め”に変更したのが30代後半。

ま、キレイになるならいいさ。
なんて強がっていたのも束の間。

白髪って、一気にその勢力広げるんです。
3週間もほっとけない。これは困った。
そう頻繁に美容室でケアする程
お金にも時間にも余裕ないです。

という事で、自宅ケアに変更。
この頃から、私の白髪との格闘の始まりです。

私の場合、3ヶ月に1回の宿毛強制パーマ。
癖の強い髪なので、これも必須。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが
パーマとカラーリングは
最低でも2週間、理想的には4週間、
間をあけるべきなのだそうです。
ダメージを重ねない為になのだとか。
なるほど、納得。
・・・いやいや、それは困る。

宿毛強制パーマをかけると
カラーの退色、すごいんです。
白髪なんて、金髪に近いくらいの色に。
絶対に放置できない状態になるんです。
このまま放置は出来ません。

そこで思いついたのがトリートメントカラー。
TVのCMから流れていた
”毎日使える~髪が痛まない~”
そんなフレーズが耳に残ってて

”これなら何とかなるかも知れない”

という事で、早速トリートメントカラーの調査開始。
ここは私の得意中の得意(*^_^*)
情報収集が私の仕事ですので。

仕事並に、いやいや
それ以上の勢いで情報収集を行い
数種類のトリートメントカラーにロックオン!

早速取り寄せ、カラーを実施。
順番に試した結果
良い商品に出会いました。
決め手は、本当に1回で染まる事。
次は、私にあう色、
ウォーム系のライトブラウンがあった事。

ただ、残念な事に、退色が早いのと
トリートメントとしては物足りない。

マニュアル通りに使っても
専用シャンプーを使っても
残念ながら満足できるレベルでは無かったです。

それでも、美容室でカラーするまでの間
とっても役に立ってくれていますので
無くてはならない存在です。

日進月歩のテクノロジーにより
今現在もトリートメントカラーの新製品
沢山出てきています。

今現在の”一番”を超え、
”これがあれば美容室でのカラーリングはもう要らない”
そういえる商品に出会えるまで、私の白髪染めとの戦いは
もうしばらく続きそうです。

2012年4月11日

このページの先頭へ

ソーラー発電