くろめヘアカラートリートメント最終的な感想レビュー

こんにちは!ひとみです^^

白髪染め商品検証シリーズ♪

今回は、白髪染めのくろめヘアカラートリートメントを試してみました。

→使っている様子はこちら【写真有】♪

 

私が、くろめを使ってみた感想は以下の通りです。

◆仕上がりについてはどうだったか(1週間後)

1回目で、全体的に限りなく黒に近いブラウンに染まりました。
これは、染色している黒髪の部分と、
カラーリングが退色し始めていた白髪部分だと思います。

伸びてきた白髪部分で、
比較的染まりやすい頭頂部分とこめかみの部分は
うっすら色がついていて、
何とかごまかせている、そんな印象でした。
でも、私の髪で最も染まりにくいのが
耳の横(いわゆるもみ上げ部分)なのですが
ここだけはさすがに1回では染まりませんでした。
その後、1週間継続して使用した結果
白髪はほぼ全部染まりました。

次に、手触り。これも重要ですよね。
とってももさらさらした感じ。
私の髪は、毛先がかなり痛んでいますが
あえて他にトリートメントを使用しなかったのですが
髪の毛の納まり具合はとっても良い感じです。

次は、見た印象。
色はダークブラウンと書いてありますが
これをダークブラウンと呼ぶには無理がある?
正直、そんな風に感じました。
でも、太陽光の元では純粋な黒じゃないし、、、、そんな感じですね。

しかし、この商品を使って一番“凄い”と思ったのが
艶々で髪がとってもキレイに見える事。
1回目から、その変化を感じました。
これは“すばらしい”です。
私の髪、パーマや専用のカラーリング剤で結構な痛み具合。
行きつけの美容室でよく言われるのが
“髪は健康でなければ、なかなか艶が出ない。
整髪料など、一過性の方法はありますが、
健康な髪が一番キレイです。“

こんな表現、よく聞きますよね。
私の痛んだ髪に艶があるということは、、、
修復してくれているって事?
トリートメント効果には期待大です。

1週間使い続ける上で心配だったのが
“本当に痛まないのか?もし、これ以上痛んだらどうしよう”
髪が痛むのが本当に嫌な私にとってはこれってとっても重要なのです。
これは、いらない不安でした。
使い続ける程に、キレイな髪になっていますね。

◆商品説明を見て感じたこと(安心感、信頼性)

私がこの商品を最初に見たのがホームページ。
使用する上での疑問や
不安に感じている部分についての情報がきちんと書かれていた事。

疑問その①・・・本当に痛まないのかな?
”やさしく艶染”
このフレーズに引き付けられました。
これが本当なら理想的な白髪染めです。

私の髪は、3ヶ月に1回の縮毛強制ストレートが必須。
これ、結構なダメージを受けるんです。
なので、カラーリング剤に関しては
すごく慎重に選びます。
これ以上、髪を傷めたくないですから。

理由その②・・・どんな人が作っているの?
開発担当者様ご自信のリアルな悩みが
商品開発への強い思いにつながっていると
実感できた事。
私の仕事も技術職です。
”リアリティが良い商品を生む。”
私もこう信じて仕事をしています。
なので、とっても納得できました。

理由その③
モニターさんの使用前・使用後の写真。
使用前はボリュームが無く見えるのに
使用後は髪の毛が生き生きしていて、
根元からコシが出ているのが
写真からもはっきり分かりました。

白髪が染まっているかどうかを見落とすくらいに
そっちに驚いてしまいました。
※白髪もきっちりと染まっていました。

理由その④・・・あの有名な・・・
”旭化成ケミカルズ新補修成分配合。わずか1分で痛んだ髪を修復し
艶のある髪へ導きます。“

1分???本当に?
と、少々斜に構えてしまいました。
こう良い事ばかりが書かれていると
天邪鬼な私の心に疑いが生まれてしまいます。
良い事ばかり書いているサイト、結構ありますから。

しかし、企業名を見て安心。
きっと、本当なのだろうと思いました。

そこまで良い商品ならば
自分の髪で試して見たい!
そう実感しました。

理由その⑤・・・他には何があるの?
”M-1”というなにやらすごい育毛剤も
この会社の研究で誕生したと書かれていました。
これについてもしっかり調べました。
こっちの商品にも興味深々ですが
長くなりますのでここでは書きませんね。

少々疑り深い私ですが
こうなると、もう興味津々、
”これなら安心。すぐに使ってみたい”と思いました。

◆実際に使用してみて、安全性は?
(かぶれ、匂い、毛髪ダメージ等)

実際に使い、まず感じたのが
毛染め独特の”ツン”とする匂いが全然無い事。

むしろ、良い匂いだなと思いました。
匂いには好き嫌いがあると思いますが
私には、”ほんのりアロマ風の癒される香り”で
染めるまでの時間を湯船でゆったり過ごせました。

私は、専用のカラーリング剤を使用した時
まれに地肌が痒くる事があります。
くろめヘアカラートリートメントの場合
初回15分放置した後も
その後、1週間継続して使い続けても
そういった事は感じませんでした。

髪の毛へのダメージは全く感じないです。
ドライヤーで髪の毛を乾かす時
“今日は乾きにくいな?”
こんな風に思ったのですが、
そういう事ではなく、しっとりした感じが
そう思わせていたみたいです。

このしっとりした、艶のある感じ
サロンでトリートメントした直後のあの感じに似ていて
すばらしいです。

◆染める手間はどうか?簡単に使えるか?

トリートメントタイプの毛染めには
シャンプー前に使用する物もありますが
この場合、整髪料が邪魔して
染まりにくいんです。

なのでシャンプー後、
トリートメント代わりに使用出来る点が
とっても手軽で良いです。

通常のトリートメントは根元まで行き渡らせる事はなく
むしろ痛んでいる毛先中心に使用しますが
くろめヘアカラートリートメントの場合は
根元まで行き渡らせる一手間を加えるだけなので
さほど苦になりませんでした。

ただ、通常のトリートメントに比べ粘り気が強いので
髪の根元全体にムラ無く行き渡っているのかどうか
塗布している最中は心配になりますね。
なので、ついつい多めに使ってしまいます。

又、素手で使用した場合は
爪の間が染まってしまいました。
私はこういう点は気になるので
2回目からは手袋を使用して染めました。
やはり、全然染まらないというのは難しいのでしょう。

◆色の持ち(耐久性)はどうか?
1週間継続使用した翌週から、
2日に1回の使用頻度にしましたが、
ここでの退色は感じませんでした。
この段階で色はほぼ定着しているようです。

3週間目~4週間目は、新たに伸びてきた白髪のケアを中心に行い、
全体に塗布しませんでしたが、やはり退色は感じませんでした。

専用のシャンプーは使用していませんが(ノンシリコン系)
きっちりと色を定着させれば、色持ち(耐久性)は抜群に良いみたいです。

◆コストについてはどう感じたか?
お手軽とまではいえないですが、
14日分でこの金額なら高くはないと思います。

しかし、私の場合、残念ながら14日間は持ちませんでした。

私の髪の長さは方よりやや長めのミディアムで量も多い。
又、縮毛強制のストレートをかけている事と
元々の髪が太く、染まりにくいという点で
普通より使用量が多めでした。
なので、消費が早く
1週間毎日全体に使用で1本がなくなりました。

また、伸びてきた白髪がなかなか染まりませんでしたので
使用量が必然的に増え、結局1ヶ月で3本消費しました。

使いはじめだけなら、仕方ない範囲と思いますが
毎月3本使用という事になります。

美容室ケア+自宅ケアに比べ
金額だけで言えば5000円程度安価に収まりますが
白髪が染まらない期間を考慮した場合
その差額をどう見るかだと思います。
私の場合は、この金額の差であれば、美容室ケア+自宅ケアを選択します。

白髪が1回で染まれば、コストパフフォーマンス的に満足ですので
その点が残念です。

◆付属品類についてはどうか?
専用コームは使い勝手も良く
ある程度長く使えそうなので良いと思います。
しかし、キャップは、、、ホテルの備品みたいです。
(6回目当たりで破れてしまったので、
その後は以前から使っている手持ちのキャップを使用しました。)

キャップした方が染まり具合が断然良いので
ここは工夫していただければと思います。

例えば、長く使えるタイプの専用キャップを別で販売するとか。
ラップが代用品になる事を提案するとか。。。
(サロンでのカラーリングにラップ使ってる所ありますから)

あと、手袋は入っていた方が良いと思います。
爪の間は結構染まりますので。
(ネイルケアとかしてる爪が染まったらとっても悲しいです)

◆その他、良かったところや、悪かったところ、気付いたところ全て
その他、良かったこと
①容器の見た目が良い。
②WEBサイトがシンプルなので、見やすく、情報量の多すぎるサイトに比べ必要な情報が得やすい。
③商品を注文してから、納品まで凄く早いので、ついうっかり買い忘れても安心できます。

悪かったところ
①色が1色しかない点。
もう少し、明るい色合いの物が選択肢としてあれば嬉しいです。
ある一定の年齢を超えた場合、真っ黒い髪の毛はかえって不自然だと思うし、
比較的若い人も、華やかにしたい時には髪色を明るくする事って結構ありますので。
それに、髪が黒すぎると伸びてきた白髪が必要以上に目立ちます。
(センチ単位ではなくミリ単位でも)
②容器と中味の濃度があっていない。
何度も何度もさかさまにして振って、最後まで出すのにとっても苦労しました。
③残量が全然分からない点。ポンプ式で残量が分かる容器とか、
チューブタイプで残量も分かるものの方が使用していて安心感がある。
最後まで使い切ったと実感できる事は重要です。
④私の場合、伸びてきた白髪が染まりにくくて困った。
塗布して、15分以上放置して、キャップもラップもしましたが、
1回目は殆ど染まっていない、2回目で白髪にほんのり緑色に着色している程度。
3回目も、4回目もだんだんと染まっている感じ。
結局白髪部分に毎日塗布して1週間後にやっと染まった感じです。
結局毎日塗布して15分間待つ事を繰り返しています。
主婦(私の場合ですが)って結構忙しく、毎日長い時間お風呂に入るのって無理があります。
毎日使用するのは良いとしても、染まるまでの時間はもっと短縮されればありがたいです。

 

今までの白髪染め商品と比較してみるとどうか・・・?

 

◆今まで使っていた白髪染めの主な不満点は?
専用のカラーリング剤に対する不満点
① 髪が痛む
② 匂いがきつい。
③ 地肌が痒くなる時がある。
④ 意外と退色が早い
⑤ 寒い時期には染まりが悪く、その分退色が更に早い
⑥ (私が使っている物は)パッケージが古い。
⑦ ついうっかり家具や洋服についた時、早めに処理しても汚れが落ちにくい。
⑧ 染める準備などに手間がかかる。
⑨ 後頭部など、自分ではなかなかキレイに染めれない。

トリートメントタイプに対する不満
① 1回で染まらない。
② 染まりにくい物が多く、退色が早い。
専用シャンプーを使ってみたが、普通より少しだけ退色が遅い程度。それと、
専用シャンプーは自分が普段使っている物(ノンシリコンタイプ)に比べると、髪がパサパサして、使用感が悪かった。
③ トリートメントカラーとある割には、トリートメントとしては物足りないので、別のトリートメントを併用していた。
④ 色にむらが出る。染まりやすい部分とそうでない部分、又黒い髪の毛と白髪に対する染まり具合が全然違ってて、
ここが白髪だったところです。という具合に、色の違いで主張してしまっている点。
(仕方ないので白くなきゃいいなんて割り切って使っていました)
⑤     素手で染めれない。シャンプー後に使用するトリートメントタイプは手軽で便利だけれども、
素手で染めると爪やその周囲が染まるので、手袋が必須。でも、濡れた手に手袋はめるのって、結構大変です。

◆くろめヘアカラートリートメントは、今までの白髪染めとどこが違ったか?
また、どんな風に使えそうか?
【違っている点】
① トリートメントタイプなのに、一部染まりにくい耳の横やこめかみ部分を除いては1回目で結構染まった。
② 白髪と黒い髪の部分がほぼ同じ色に染まる。
③ トリートメント効果が高い。(染めた後の髪の手触りが全然違う)
④ 全く髪へのダメージを感じない。
⑤ 黒に近い色に染まる。
(以前、夫の為に色々探したが、その時には黒に染まるものには出会えなかった)

【どんな風に使えそうか】
これだけでも白髪ケアが出来ると思うし、
色が合わない方には、美容室や専用のカラーリング剤で染めるまでの
つなぎとして活用できる。
でも、この場合、地毛が黒の人に限りますね。

◆類似商品の利尻ヘアカラートリートメントと比較して、どう違ったか?
① 色むらが殆ど無い点。利尻ヘアカラーのダークブラウンを使用した場合、
白髪部分は赤みが強く出て、それ以外の部分との髪色がはっきりと違っていました。
② 利尻ヘアカラーも痛まないという点は良かったのですが、
トリートメントの効果は、くろめヘアカラーの方が格段に上だと思います。
③ 利尻ヘアカラーは、色に選択肢がある。
自分に合った色が選択できていた点についてはこちらの方が良い。
④ 利尻ヘアカラーのボトルデザインは、いかにも年配向けという感じ。
家族に見られるのも恥ずかしい感じがあったのですが、くろめヘアカラーのボトルなら、
全然恥ずかしくなく、友人に見られても平気。むしろ、進めてもいいかなと思えるデザインです。
⑤ 利尻ヘアカラーは退色が早いが、くろめヘアカラーは退色を感じない。
⑥ 利尻ヘアカラーは、伸びてきた白髪が1回で染まるが、くろめヘアカラーは1週間かかる。
その上、染色の状態がほぼ黒なので、どうしても白髪が目立ちます。そまるまでの期間が長いのは苦になります。
⑦ くろめヘアカラーでカラーリングし、2週間経過したあたりから、髪が硬くなった感じがしました。
これが“髪に腰を出す”ということなのでしょう。確かに髪に艶がでていてキレイになりましたが、
私の場合は元々髪が硬く年齢の割に腰のある髪ですので、逆効果でした。
なので、髪をソフトにする目的のトリートメントを毎回使用しました。利尻ヘアカラーの場合、この硬くなったという感じはありませんでした。

◆くろめヘアカラートリートメントはどんな人におすすめ?どんな風に使ってもらいたい?

常に髪を綺麗に保ちたい、白髪が目立つ前に処理したい人にお勧めです。

毎日トリートメントの代わりに使用すれば、
同時に白髪をケアしている事になるので、白髪に出会う事、なくなりますよね。
だとすれば、まさに理想のケア用品です。
白髪の無かった時と同じ生活が出来るかも知れません。

ただ、“自分に合った髪色”とかが絶対条件の場合は、
くろめヘアカラーは不向きだと思います。
ダークブラウンとは書いていますが、
限りなく黒に近いブラウンで全体的に重たい感じになります。

自然な色合いに染めたい男性向けにはとっても良い色だと感じました。
そういった意味では、この商品は、むしろ男性向け?
そう思える商品です。
夫も白髪ケアが必要なのですが、頭皮や髪の毛へのダメージが怖いらしく
ものすごく慎重に選びます。

以前、夫の為にトリートメントタイプで
黒に染まる物を探していたのですが
その当時(2~3年位前)には出会えませんでした。

なので、地肌にはつかないタイプの物を今現在は使用しています。
これは1週間に1回使用するタイプ。
黒に近いグレーに染まるのですが
1回忘れるとあっという間に退色します。

こうなると、一気に老けて見えますね。

それと、シャンプー前に使用するタイプで
整髪料が邪魔しているせいなのかな?
染まりが悪いです。

加えて、49歳という年齢的な理由と
業務系システムのエンジニアという仕事柄
茶色の髪は好まないです。

こういった方、少なくないと思います。
なので、同じ悩みを持つ男性には
もってこいの商品だと思います。

早速夫にも勧めてみようかな、、、
でも、あまり割高になるのは困りますので
ちょこっと計算してみました。

夫のカラーリング剤とトリートメント
それぞれ約2ヶ月に3本のペースでなくなっています。
2つ合わせると1ヶ月あたりが約4,050円

くろめヘアカラーを使用した場合、
定価なら1ヶ月分が約5,010円。

う~ん。ちょっと高い。
まとめ買いなら安くなるので、そっちで再度計算。

2本まとめ買なら、1ヶ月約4,200円。
3本の場合は、1ヶ月約4,110円。

よし、これならOKです。

値段だけ見ると高いように感じ
躊躇していました。

でも、計算してみたら、
そうでない事が分かりましたので
早速勧めてみる事にします。

パパさん、これで少しでも若返ってね。

 

◆白髪染めとしての最終評価は?

「くろめヘアカラートリートメント」

 

 

 

 

 

 

 

 

総合満足度:☆☆☆

(5段階評価)
やさしく艶染め「くろめヘアカラートリートメント」
くろめヘアカラートリートメント

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. ぱる より:

    母に安全なものをすごくさがしているため、とても参考になりました。
    ありがとうございました。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

ソーラー発電